自動選択ツールで範囲選択

DESIGN

完璧ッ!簡単にきれいに切り抜く自動選択ツールの使い方とコツ

photoshopのすごい機能、自動選択ツールを使いこなせば画像加工のクオリティとスピードがグンッ!とアップします。コントラストやエッジがはっきりとした写真素材の場合は自動選択ツールが最適です!自動選択ツールを使ってワンクリックできれいに切り抜けるようになりましょう。

自動選択ツールを使う方法

背景レイヤーは切り抜きができないのでレイヤーサムネイル横のロックマークをクリックして通常レイヤーに変更します。
ツールパネルで自動選択ツールを選択するかショートカットキー W(クイック選択ツールが選ばれてしまうときはsift + Wで自動選択ツールに変更できます)で自動選択ツールに持ち替えて任意の場所をクリック。

自動で範囲選択

自動選択ツール設定のコツ

自動選択ツールは設定のコツを掴むと非常に使えるツールです。逆に設定をしなければ使える場面は非常に限定されてしまうツールでもありますので設定を知り使いこなしましょう!

選択範囲の追加方法

選択範囲オプション
パネルオプションの選択範囲から追加方法を選びます。

①新規追加

新規に選択範囲を追加します、クリックする度に新しい選択範囲を選択してくれます。

②選択範囲を追加

クリックする度に選択範囲を追加できるので複数箇所を選択する場合や色の違う箇所を少しづつ選択していく作業に向いた設定です。sift + クリックでも追加選択可能です。

③現在の選択範囲から一部削除

現在選択している範囲の中で選択したくない箇所をもう一度クリックすると、その箇所の選択範囲を削除できます。option + クリックでも(winはaltキー)範囲削除可能です。

④現在の選択範囲の共通範囲

現在の選択範囲ともう一度クリックした箇所の共通する箇所を選択範囲にします。

サンプルの範囲

クリックした箇所から何ピクセルの範囲をサンプルとして採用するかを0~101ピクセルの間で設定します。画像のサイズによりますが、初期設定の”指定したピクセル”にしておけばOK!クリックされた箇所のみをサンプリングしてくれます。背景をまとめて選択する時など範囲を大きくすると便利で、シャドウやハイライトを含めて一発できれいに選択できたりします。

許容値の設定を変更します

どの程度の色の違いまでを許容するのか?を0~255の値で設定します。シャドウやハイライトの異なる明るさの色をどの程度まで許容するか?ということですね。許容値の設定を変えたりクリックする箇所を微妙に変更してきれいに範囲を選択できる丁度よいところを探しましょう。

その他のパネルオプション

アンチエイリアス

選択範囲のエッジを滑らかにします、基本的にチェックは入れっぱなしですね。

隣接

チェックを入れておくと隣接した箇所のみを選択します。これも基本的にチェックは入れっぱなしですね、離れたところにある同じ色の箇所をまとめて選択したいときはチェクを外します。

全レイヤー

アクティブじゃないレイヤーも含めて今現在見えている画像全てを含めて選択してくれるようになります。

以上が自動選択ツールオプションです。(CS5以降共通)これらを使いこなせばパスツールなど使用しなくてもかなり幅広く対応できます。何度かいじっていると、あっ!これは自動選択ツールで対応できるな〜って感覚が掴めると思います。オプションバーで設定しなくても、自動選択ツールを選択している状態で右クリックでもオプションの選択可能です。

中央のトマトを一発で自動選択一発で選択

自動で範囲選択

サンプルの範囲を3ピクセル四方の平均、許容値を150に設定してトマトの中央をクリックすると一発で選択できます。ハイライトの白い部分がかなり明るいので許容値を大きくしましたが、許容値30くらいで、ハイライトをクリックしてからその他の部分も追加でクリックするときれいに選択できます。

こうしたコントラストがはっきりした画像の場合は他の選択ツールで選択するより自動選択ツールで一発選択した方が断然早いですね!

自動選択で追加選択することも可能です!

サンプル範囲を5ピクセル四方の平均、許容値40でミントの葉やスプーンも綺麗に選択可能です。

背景をワンクリックで自動選択

今回のケースでは背景と切り抜きたい対象のコントラストがはっきりしていたので、ワンクリックで背景を全て選択、選択範囲を反転して(command + sift + I)対象を切り抜きました。

設定はサンプル範囲5ピクセル四方の平均、許容値は60です。選択でいていない箇所があればsiftを押したままもう一度クリックすると選択範囲を追加できます。

クリック一発でワンちゃんも簡単
自動選択できれいに切り抜き成功

コラージュしたくなる最高のツール!

自動選択ツールを使いこなせるようになるとレタッチの幅が一気にひろがります!何回かクリックするだけで魔法みたいにきれいに切り抜きができてしまうから様々な素材を切り抜いてコラージュフォトにチャレンジしたくなりますね。

気軽にフォトコラージュ

自動選択ツールをあなどってはいけない

自動選択ツールでどんなものでもきれいに選択してレタッチできるわけではありません、時にはより正確にもっと滑らかに切り抜かなければいけない場合もあり、ワンクリックで!とはいかない状況も多々ありますが自動選択なんて使えないなんてあなどってはいけません。

使い方次第で非常に使える万能ツールになりえます、素材によってはワンクリックで十分に対応できる場合もありますし。そうでない場合も自動選択ツールとその他のツールを上手く組み合わせることで滑らかにスピーディーに作業できるでしょう。

photoshopの中でも特に便利なツールなので、ぜひ自動選択ツールを使いこなしてください!

 

記事が気に入ったら
bhav.meを"いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

bhav.yourself | ビーハヴ

ビーハブ・デザイン | トミー

グラフィックデザイナーとして、印刷物やWebのデザイン・コーディングをやっています。プレミアリーグとWWEと読書とコーヒーだけで一生過ごしたかたったが、デザインワークで人の役に立てる、まともな人間に最近なりました。

最近の記事

  1. 今選ぶペンタブレットはコレ!
  2. 無料でダウンロードできる写真素材サイトまとめ!
  3. neuro-marketingの本
  4. free-make bgm
  5. Amper Music

一瞬にしてハイクオリティ | WordPressテーマ [MAG]

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

おすすめ書籍

  1. 新米デザイナーが知っておきたい考え方

    THINK

    新米webデザイナーに大切な考え方を斎藤和義が教えてくれた!
  2. jukedeck

    HOT

    無料で使えるBGMがたった30秒で!!AI自動作曲サービスJukedeckが凄い…
  3. オリジナル和風ロゴ

    DESIGN

    インパクトのある筆文字とインクの飛び散りをイラレで簡単につくっちゃう!!
  4. 自動選択ツールで範囲選択

    DESIGN

    完璧ッ!簡単にきれいに切り抜く自動選択ツールの使い方とコツ
  5. The Bèzier Game

    DESIGN

    ペンツール練習におすすめThe Bèzier Gameがすごい楽しい!
PAGE TOP