Photoアクションでプロ級!!

photoshop

ワンクリックでプロ級テクが再現!!Photoshop初期設定フレームアクションまとめ

Photoアクションでプロ級!!

Photoshop初心者にとって一番大事なのは写真をつかって遊びまくること!!

操作を記録して再生することができるアクションを使えば、画像の加工がクリックひとつで完了してしまいます!!このアクションは様々なクリエイターがネット上で公開しているので。ダウンロードしてphotoshopにインポートするだけで簡単にプロのような画像編集が可能になります。上級者には作業効率アップに必須の機能ですが。photoshop初心者にこそ!!このアクション機能はおすすめなんです。

アクション機能で得られる2つのメリット!

  1. クリックひとつでプロ並みの画像編集
  2. プロのテクニックのヒストリーが見れる!

クリックひとつでプロになれちゃう!

プロの画像編集テクニックをクリックひとつで再現することができるので、Photoshopをダウンロードした瞬間から、あなたはプロのような技術を手にいれることができます。しかも無料でアクションを公開しているクリエイターは世界中にいますから。オリジナリティーを表現することもカンタン。

プロの技を盗む!

技は見て盗め!なんて古いと言われてしまいそうですが、見て盗んだ技術は一生忘れません。
この画像にはどのようなテクニックが詰まっているのか?
それがヒストリーをたどることで見ることができるのです、プロの作成したアクションを利用するだけでなく、そのテクニックをひとつひとつ順をたどって体感することで盗むことができます。

実際にPhotoshopアクションを使ってみる!

Photoshopには初期設定のアクションがたくさんインストールされています。バージョンによって若干違いはありますが、使い方は基本的に同じです。今回は初期設定アクションのなかのフレームを使ってみます。

使い方は簡単です。psAction実行のgif

  1. 画像をPhotoshopで開く。
  2. 背景レイヤーのまま、レイヤーの場合は戻しておく(レイヤー → 新規 → レイヤーから背景へ)
  3. アクションパネルを表示させる。(ウィンドウ → アクション)
  4. アクションを選択して再生ボタンを押す。
  5. 完了!!

ダイアログを表示する

ダイアログを表示するにチェックしておくと、その都度設定値を変更することができます。たとえば切り取りを行う場合などはダイアログを表示させて、範囲を指定すると画像によって異なる効果を得ることができます。設定値を変更する必要がない場合はチェックを外しておきましょう。

はね

psAction_hane

画像のまわりが白く塗りつぶされてフレームが完成しました。これは再生ボタンひとつで完成します。レイヤーが背景になっていないと上手く動作しないので注意してください。

ストローク

psAction_stroke

鉛筆のストロークで縁取りしたような効果です。画像のギャラリーやSNSでこういったひと工夫ある写真は目を引きますね。ダイアログを表示させておくと塗りつぶしの背景色を変えたりなどアレンジもできそうです。

psAction_nami

これもボタンひとつで完了させることができます。初期設定でこれだけレベルの高いアクションがインストールされているので初心者でもいろいろ遊べますね。

さざなみ

psAction_sazanami

 

ドロップシャドウ

psAction_dropshadow

コーナー

psAction_corner

 

カットアウト(選択範囲)

psAction_cutout

このアクションは背景レイヤーの選択範囲がカットされます。注意点は選択した範囲が残されるのではなく範囲がカットされる点です。使い方としては長方形選択ツール (M) でレイヤーの残したい部分を選択してから、選択範囲 → 選択範囲を反転(cmd + sift + I)で縁を選択します。その状態でカットアウトのアクションを再生するとこのような効果を得ることができます。

 

くぼみ(選択範囲)

psAction_kubomi

選択範囲がくぼんだように見える効果が得られます。選択範囲の反転は必要ありません。あらかじめ背景や焦点をぼかしておくとそれっぽくなりますね。

ビネット(選択範囲)

psAction_Vignette

選択範囲のまわりを白く囲い縁をぼかした効果のことがビネットです。初期設定でダイアログを表示するにチェックが入っていて、縁のぼかしの設定値を変更することができます。よく使う効果かと思うのでショートカットキーを設定してもいいかもしれません。

フレームチャンネル(50 pixel)

フレーム用選択範囲

Photoshopのアクションには様々な操作を記録することができます。たとえばひとつのアクションの中にその他のアクションを記録することもできるのです。

このフレームチャンネルはフレーム用の選択範囲を作成してくれるアクションで、この選択範囲に額縁のようなフレームを作成することができるようになります。

 

木製(50 pixel)

psAction_mokusei

このアクションは50 pixelの木製フレームを作成してくれます。そのため縦横が100 pixel以上の大きさがないと正しく動作しません。フレームの大きさは50 pixelと固定されていてフレーム自体の大きさを変えることもできません。100 pixel以上でなくてはいけません

このようなダイアログが表示されます。問題がなければ続行をクリックしてかまいません。アクションにはこのような注意を促すダイアログを表示させることもできます。

 

艶消しアルミニウム(50 pixel)

psAction_arumi

こちらのアクションもフレームチャンネルのアクションを使用したアクションです。5o pixelのつや消しアルミニウムのフレームを作成してくれます。ノイズを加えたり、ぼかしてエンボス加工したりとたくさんの操作が記録されていますのでヒストリーをみるだけでなるほどなぁ!!っと新たな発見があるかもしれませんね。

描画色

psAction_color

こちらのアクションはあらかじめ描画色を選んでおく必要があります。

描画色を選んでください。

描画色を選択する

 

注意を促すダイアログが開きますので、一度停止を押して描画色を選択してからアクションを再生しましょう。フレームチャンネルのアクションで選択された範囲に描画色のフレームが作成されます。

ワイルド(50 pixel)

psAction_wild

世界中のクリエイターが作成したハイセンスなアクションが使える。

Photoshopに初期設定でインストールされているアクションだけでもこれだけたくさんの画像編集ができてしまいます。世界中のクリエイターが作成した秀逸なアクションが無料で公開されていますのでいろいろ試してみてください。このアクション機能を使いこなせるだけでもかなりたくさんのことができるはず。
無料のアクションをまとめたサイトなどもありますので探しているだけでも楽しくてPhotoshopの魅力にとりつかれるでしょう。気に入ったアクションはぜひヒストリーをのぞいてみましょう。

記事が気に入ったら
bhav.meを"いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

bhav.yourself | ビーハヴ

ビーハブ・デザイン | トミー

グラフィックデザイナーとして、印刷物やWebのデザイン・コーディングをやっています。プレミアリーグとWWEと読書とコーヒーだけで一生過ごしたかたったが、デザインワークで人の役に立てる、まともな人間に最近なりました。

最近の記事

  1. 今選ぶペンタブレットはコレ!
  2. 無料でダウンロードできる写真素材サイトまとめ!
  3. neuro-marketingの本
  4. free-make bgm
  5. Amper Music

一瞬にしてハイクオリティ | WordPressテーマ [MAG]

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

おすすめ書籍

  1. 今選ぶペンタブレットはコレ!

    DESIGN

    【2018】初心者にもおすすめ最新ペンタブレットはコレ!
  2. カラーバランスを整える

    DESIGN

    ボタンひとつ!Photoshopで複数画像の色調を簡単に統一!カラー適用の使い方…
  3. ラップトップを前に頭を抱える

    THINK

    仕事が辛い!新人デザイナーの憂鬱を解き放つ思考術
  4. epsファイルでイラレに配置

    DESIGN

    カンタン3ステップ!!epsで切り抜いた画像をillustratorに配置!!
  5. 本を読む女性

    BOOK

    絶対読みたい!文章力上達のコツがわかりやすすぎて感動する本!!
PAGE TOP